リノベーションで建物が大きく変わる

さらに、いくつもの事例を見てるコンサルタントに住民への広報の方法や合意形成の仕方、工事の予定などについても、相談できるのは心強いデスね。そして、デメリットはというと、診断や設計をゼネコンや管理会社に頼むときと比較すると、コンサルティング料金が別途かかるところにあります。

 

ゼネコンや管理会社に工事の内容について提案されても、通常、その工賃とか材料費、必要性が誠に適正なものであるかを確認を入れることができず、無条件に信用そのままなってしまうことが少なくないです。殊更、一軒あたりが負担するコンサルティング料金が小規模のマンションでは、高くなりがちですので、料金を事前に気丈夫と確認しておきたいところです。

 

「リノベーション委員会」をマンションの管理組合が発足をさせ、大抵そのリノベーション委員会がなってするものですけど、専門家の知識でリノベーション委員会をバックアップし、スムーズにリノベーションを進むみたいにしてくれるのが、リノベーションコンサルタントデス。長所は、管理業者や施工業者から離れたところにサポートしてもらえるので、なんていったってより第三者的視点で適切な工事は何かを判断してもらえるところにあります。

 

そして、シッカリ実際の工事の品質などをチェックしてもらえるのも大きな長所です。ゼネコンなどの施工の業者や管理の業者にこうした専門家としてのサポートを頼むことも多数ようですが、リノベーションコンサルに別途頼むところもあります。

 

規模リノベーション工事コンサルに依頼するメリットとデメリットをココでは紹介しましょう。10〜15年に一度「リノベーション」といって、マンションでは外壁とか共用部分の工事を大規模にします。

 

ですけど、立場はリノベーションコンサルティングならば中立ですので、住民の側の視点により立って工事の要否を判断してもらえます。